TK-Tennis シンガポールの日本人テニスコーチTK_Tennis[Tennis Coach @Singapore]

シンガポールにてテニスコーチをしています。 正しい動作で快適なプレーをしましょう! レッスン生募集中です。

TK_Tennis[Tennis Coach @Singapore]

カテゴリ: 動画


こちらは2011年のロソル選手の動画です。

2012年のウインブルドンでナダル選手を打ち負かしました。

このころから大き目のテイクバックでフォアハンドはそれこそ

剛球!!

皆様にはお勧めしませんが 早い準備でそれを可能にしています。

じゃあなんでこんなランキングなの?

っていうと
失礼ながら いちいちジャッジに文句言ったり
ウインブルドンでもぶつぶつ言ってましたしね。

まあ タイミングがずれるとすぐにミスになりますので 集中力がどれだけ続くか
あと ナダル戦はサーブがすごく良くて簡単にキープできて リターンゲームが気持ちよく出来たのだと思います。
まあ 入りだしたらしばらくは止められないですね 

粘ると切れてくるんですけど・・・。

今回はとてもよく出来ていました。


たまにはテニスの話題も入れようと思います。


鈴木貴男選手のフォアハンドストローク

スローモーションで動きの確認

動作が洗練されていて無駄な動きはありません。
動きは足から胴体へと伝わり
腕とラケットは本当に無駄な力が入っていません。

参考になりますね。


シンガポールチャレンジャーの一回戦
守屋選手と江原選手が対戦しました。

波乱の幕開け
第一ゲームから激しい攻防でした。

江原選手は自分と同じ行田市出身。

小学生の江原君を市民大会で見かけて
上手いなー
とは 思っていましたが
その後 こんなに強くなるとは!


そのときの市民大会の優勝は自分。

去年はお兄ちゃんがシンガポールに来て
その話をしました。

今度来るときは
「十万石まんじゅう」
持って来てよ!!

Kondo Hiroki310
近藤大生選手

久しぶりの再会です。
フォアハンドも変わって サーブも改良中とのことです。

こちらはサーブの動画
2.3球目はスローです。

ニコンクールピクスS8100にて撮影。
うーん 画像が暗い感じです。カシオのほうがノイズは出るけど見やすいなあ・・・。
広角側が30mmなので寄れるのは良いですけど。

で サーブは体の開きを抑えて打つように改良中とのことです。
わずかな差でもコントロールの精度等が上がったとのことです!!

参考にして練習しよう!

CIMG6163



今回は添田選手に負けてしまいました。

ファーストセットの序盤から張り詰めたスタート
ブレイクされてから流れが添田選手へ
6-3
そのままセカンドセットでも流れは変わらず あっのという間に
6-0
サービスゲームでは40-0からブレイクされたりと 良いところがありません。
しかし、ラリーで完全に負けていたかというとそうではなく。
ラリーからチャンスは十分にありました。

逆に流れをつかんだ添田選手はそのままのペースを保ち勝ちきりました。
スコア以上に 本当はいつ逆転するか分からないゲームでしたが、そうさせなかった力の差があったことも事実です。

やっぱり厳しい戦いだと。
スキがあればやられるのかと・・・。

ドラゴンの挑戦は続く。

※さて 自分はというと会場へ自転車で!!
試合後はオフィスへ戻り添田選手のラケットを2本張り上げました。
明日もガンバレ。

SIN CHALLENGER TENNIS 20116145
こちらは昨日のシングルス1回戦の様子
左側はNIELSEN,FREDERIK選手 右側 添田選手


相手のセットポイントで添田選手がギリギリのボールに追いついて返球。
コートに返すことがどれだけ大切なのかが分かります。
その後のポイントもボール一個分くらいのコントロール精度で勝敗が決まりました。

ビックポイントは必ずあります。
それをものに出来るのが勝者。

わずかの差ですがトーナメントは進みます。
勝負はこれから!
がんばれ。

DSC01234
添田選手とプレーヤーズクラス

シンガポールでのチャレンジャーへ参戦です。

こちらは練習の様子をスローモーションで!

頑張って優勝だ!!


ストリングもしています。

コツコツしっかりと張っていって、
ラケット本来の性能を発揮して欲しい。

古いラケットもストリングスでよい感触が復活!!

感覚が重要なスポーツだと思います。
打球時の快感がもしも無くなったら?
以外にコートに収まってくれて勝てたりするけど・・・。

やっぱりレスポンスが乏しいと眠っているような感じになります。

しっかりと張り替えて
しっかりと振り切りましょう。

人気ブログランキングへまあ最後は腕ですけど。


練習の様子続きを読む

↑このページのトップヘ