TK-Tennis シンガポールの日本人テニスコーチTK_Tennis[Tennis Coach @Singapore]

シンガポールにてテニスコーチをしています。 正しい動作で快適なプレーをしましょう! レッスン生募集中です。

TK_Tennis[Tennis Coach @Singapore]

カテゴリ: テニス

DSC02497
鈴木貴男プロと記念撮影

サインも頂きました。

DSC02490
ありがとうございました! 

DSC_5212
WTAファイナル

シングルスの決勝戦

ラドワンスカが優勝です。

最終戦となると
ツアーの疲れもピーク
選手も故障とつきあいながらの戦いとなります。

DSC_5303
クビトバも頑張って攻撃的にいってました。

全部を入れるのは難しいですね。

それよりもラドワンスカがスライスでかわし
一本調子にならないように
しつこくいってました。

DSCN7839
まあ WTAファイナルもカメラマンパスを取得予定だったんですが
今回は決勝だけを観客としてみました。

これも気楽でいいかもしれませんね。 

DSCN7824
ヒンギスとミルザが優勝の後にサイン会





DSCN7842


ヒンギスのサインは宝物ですよね。 

DSC_5135
ヒンギス ミルザ
WTAファイナルにてダブルス優勝です。

ヒンギスはオールラウンドに打てて 配球がすばらしいです。

ミルザはどうでしょうか?
これが 同じくらいに素晴らしい。

ショットでいうと 二人ともサーブがもっとすごければ 完璧なんじゃないかって
それ以外のショットが素晴らしい。

いや 本当に相手がかわいそうなくらいに思えます。

こんなに強いんですね。

ただただ 関心してしまいました。

優勝が当然なくらいなんですが おめでとうございます。

そういったレベルの強さです。 

DSCN7699
表彰式です。

こちらはメディア向けのテニス大会

こういうのがあるとは思っていなかったので
ラケットをその場で借りて参戦しました。

形式は3ゲーム終了 つまり 2-1とかでおしまいです。

で 一人 上手い方がいて 予選と本選で両方とも当たってしまって負けました。
結果は3位 あれ?ラウンドロビンで1.2位が本選に上がるのに なんで4決めで当たるんだ?
とも思っていたのですが・・・。

 で

商品は豪華で ラケット持ってなかったので ラケットとラケットバッグにその場で決定。
あ まあ そんな感じの 接待テニス大会なんです。

ラッキーでしたね。


もう一つ
DSCN7701
賞をいただきました。

ジョンマッケンローアワード。

ラケットが借り物でタッチが違うのか ショットごとに あーでもこーでもと
叫んだりしていたので・・・。
この辺は ちょっと反省。

まあ 周りにも楽しんでいただけたと信じております。


DSCN7704
で その後は 素早く撤収

こちらは
練習用のコートで2面ありました。

思ったよりも遅いコート 弾みも思ったほど高くなくポコンって感じです。

これはどちらかというとオムニコートに近い感覚でした。
スピンを打ってもあんまり効果が無いですね。
自分なんか下がりすぎてしまって ボールが来なくて「ありゃー」ってなってしまいました。
むしろ フラット気味なショットと滑るスライス、止まるスライスとドロップなどは効果的です。 

まあサーフェースの感じをつかめて良かったです。 

DSC_5026
マレーシアオープン決勝戦

フェラー 対 ロペス
7-5,7-5
フェラーが接戦をものにして勝利しました。

DSC_4797

その様子を・・・っと 実は会場に行けずTV観戦となりました。(写真は準決勝のものです)
ロペスがサーブとネットプレーで攻撃し フェラーがフットワークで対抗 この典型的な攻防戦は見ごたえがあります。どちらにもチャンスはありましたがフットワークは裏切りませんでした。 両者持ち味を出し切った試合は会場のファンも大満足だったと思います。

DSC_4999 (1)

フェラーは5度目の出場 やっと優勝することが出来ました。おめでとうございます。

DSC_5050
 

DSC_4882 (1)
レーシアオープン準決勝

フェラー 対 ベッカー
3-6,6-2,6-4
ファーストセットはフェラーがサービスゲームに苦しみます


DSC_4893 (1)

原因はセカンドサーブを攻撃的にリターンされてしまったことです。積極的に攻撃してリズムに乗ったベッカーは自身のサービスも好調になりファーストセットを取ります。
セカンドセットに入るとベッカーの好調もフェラーのフットワークに押され始めます。ファーストゲームでは15-40の大ピンチ しかしここはフェラーが誰もが抜けると思ったパッシングをミス 流れは分からなくなりました。
こうなると集中力の持続が勝負となります。
ナイスショットよりも 両者のミスでのポイントが行ったり来たり我慢の戦いです。
しかし そういう展開はフェラーのペースといって良いでしょう。ベッカーも時にナイスショットを放ちます、セカンドサーブへも積極的に攻撃します しかし 最後の一本が決めきれなくてゲームはフェラーへと流れていきました。結局6-2とこのセットを取り ファイナルセットへ
ファイナルセットはフェラーペースで進むかと思われましたがここからベッカーは頑張ります。ファーストセットの良いペースに引き込もうとしピンチではサービスポイントで切り抜けるなど ゲームを積み重ね 対するフェラーも何とか粘ります。

DSC_4932

一進一退でいつでも流れが変わってしましそうなゲームでしたが フェラーが要所をしめ勝つことが出来ました。ファイナルセットではベッカーに4回、フェラーに3回のブレイクポイントがあったのですがフェラーが1回だけ成功したのみでした。この数字からも1ポイントで大きく流れが変わったかもしれない 緊張感のあるファイナルセットでした。

マレーシアオープン準決勝
ロペス 対 キリオス
7-6(2),7-6(5)
ロペスがキリオスを振り切り勝利しました。
DSC_4730


ファーストセットの立ち上がり ロペスはブレークされますが 2ゲーム目にすぐにブレークバック。

ここからは両者共にサービスキープの展開
まさにサーブはこうやってキープするというようなお手本のサービスゲームが続きます。

DSC_4699

ファーストサーブはコンスタントに200㎞出て サーブポイントとなり 勝負の分かれ道はセカンドサーブに対する攻略法となります。


DSC_4797
ロペスの場合はラリーからネットへ しかし コース良くパッシングされてしまします。キリオスの場合はセカンドサーブを叩いて攻撃しようにもセカンドサーブのコースが良く実現しません。
両セット共にタイブレークへ突入しますが ここでは集中力の差が出ました
DSC_4725



セットの終盤にかけてキリオスは独り言が多くなり ゲームへの集中力が少し落ちてしまいました。こうなるとロペスのサーブ、ネットプレーのプレッシャーが効いてきます。
DSC_4840 (1)


展開的には最後まで分からない状態でしたがどちらかというとキリオスが勝利を譲ってしまったような終わり方でした。

DSC_4841 (1)

対する勝ったロペスは最後まで集中が続き決勝でも良いプレーに繋がると思います。  
 

DSC_4605
マレーシアオープン3回戦

フェラー 対 ククシキン
6-3,6-4
フェラーがトップシードの貫録を見せストレートでの勝利です。

DSC_4654

対するククシキンはストローク戦の組み立てから勝負したり リターンで攻撃したりと突破口を見つけようとしますが フェラーの鉄壁のディフェンスに苦戦します。フェラーも一発のエースはありませんがチャンスをじっくりと待ちそこから攻撃的する姿勢は崩しません。また時折混ぜるドロップショットも効果的で相手の意識を分散させ主導権を握ることに成功していました。
DSC_4648

何よりもサービスゲームが安定していて ダブルフォルト無し ブレークポイントも1回握られただけで全てキープ、対するククシキンは2回のブレークポイントをそのままブレークされてしまい粘ることが出来ませんでした。
明日の準決勝ではシャーディー、ディミトロフとシード勢を押しのけて勝ち上がってきたベッカーとの対戦です
どのように攻略するのか楽しみです。

DSC_4594 (1)
 

DSC_4418 (1)
マレーシアオープン3回戦

ベッカー 対 ディミトロフ
6-4,7-6(3)
ベッカーが激戦の末に勝利。
ファーストセットは互角のラリーに持ち込み ファーストサーブは200Kmをコンスタントにマークするなど好調の出だしのベッカーにディミトロフも攻撃を維持できません。
DSC_4474 (1)

対するディミトロフもスライスのディフェンスから攻撃への切り返しを狙いますが 上手くかわされました。
セカンドセットに入るとディミトロフの積極性が出て ベッカーも圧倒されます。しかし ここも我慢の時と じっくりと相手が崩れるまで我慢 タイブレークとなります。


DSC_4491 (1)

タイブレークに入ると それまでの経緯が明らかに反映され 何度もチャンスがあったのにセカンドセットが取り切れなかったディミトロフが勢いを失い 逆に追いついたベッカーに流れが行ってしまいました。

DSC_4571 (1)

タイブレークではベッカーが集中力を増してディミトロフもその流れを止めることが出来きませんでした。印象に残ったのは勝ったベッカーのマッチポイントでサービスがインと判定されゲームセットのコールを確認してから喜び始めたことです。
DSC_4577 (1)

おそらくベッカーは「ゾーン」の状態で次のポイントでも続けるぞというような状態だったと思います。
普段 ツアーでオールラウンドなプレーでいい感じの引き立て役のようなベッカーですが ここ アジアでは活躍が目立ちますね。 

DSC_4289
マレーシアオープン3回戦

ロペス 対 ポスピシル
6-7(2),6-3,6-2


ロペスが攻め切り 勝利しました。
ファーストセットは両者共に集中力が途切れずにタイブレークへ ポスピシルがナイスサーブを決めてファーストセットを取ります。
DSC_4186 (1)

セカンドセットに入り ロペスが反撃を開始 サーブの切れが一段上げてきました。それまではポスピシルも良いリターンで対抗していましたが大事な場面で良いコースに入るようになりました。
これでサービスゲームはリズムが良くなり リターンゲームに集中が出来るようになりました。対するポスピシルはサービスゲームは良いサーブで何回かは挽回はするのですが この挽回の場面というのが多くなり最後にブレークされてしまう展開となりました。
DSC_4205

ファイナルセットもポスピシルは頑張りますが 後半には昨日の疲労が出てきたのか 足をかばう場面も見られ まさに力尽きた感じとなりました。 
DSC_4297 (1)

明日はキリオスとの対戦です。ロペスはサーブで主導権を取れるのか?キリオスはどのように攻略するのか楽しみです。

DSC_4128

マレーシアオープン3回戦
キリオス 対 カルロビッチ
7-6(4),7-6(2)

DSC_4122
 

両者 サービスゲームはキープでタイブレークへ
DSC_4063


リターン力のあるキリオスが何とかカルロビッチのミスを誘い勝つことができました。
セット内ではブレークポイントがカルロビッチに1回、キリオスが2回しかなく きっちりとキープ

DSC_4133 (1)

そういったデータから見ると サーブで押し切っているポイントばかりと思われますが リターンが帰ったときはそのポイントをどちらが取るかで ゲームの流れが変わりそうな緊張感がありました。
DSC_4090

総じて そういったポイントではカルロビッチが攻め キリオスがパッシングするという場面が多かったのですが そこでネット攻撃に負けず丁寧にポイントを重ねていったキリオスが切り返しがジワリとプレッシャーを与えたのだと思います。
DSC_4088
 

↑このページのトップヘ